雨漏り診断の重要性

「きらめきルーフ」の雨漏り診断・現場調査

目視

経験豊富なスタッフが直接目視で確認を行います。侵入経路と思われる場所を徹底的に調査。1箇所の雨漏りでも、考えられる可能性をすべてチェックしていきます。一見、雨漏り箇所の上にある屋根部分に原因があるように思いますが、実は壁やサッシなど、他のところに原因があり、雨漏りとなっている場合もあるのです。

散水試験

雨漏り調査の方法は多数ありますが、確実に雨漏り箇所を特定するためには、雨が降っている状況を再現する調査がもっとも有効かつ信頼のおける方法です。目視により特定された雨漏りの原因が間違っていないかどうかを確認するため、実際に原因と思われる部分にホースで水をかけ、雨漏りが起こるかどうかを確認します。雨漏りすれば、原因を特定できたということになります。

診断書の作成

診断書の作成

調査を行った結果、雨漏りの原因が特定できれば、お客様に調査報告を行います。作成する診断書には、お客様にも屋根の状態、雨漏り箇所を確認していただけるよう、現場調査を行う際に撮影した写真を使用しています。診断結果について、疑問や不安がございましたら、お気軽にスタッフにご質問ください。

サーモグラフィーカメラを使用しています

「自分で調べたり、業者に調査をしてもらったりしたけど、雨漏りの原因が発見できなかった」また、「雨漏り部分の予測にずれがあり、不要な部分まで建物を 壊し、補修しなければならなかった」という経験のある方もいるのではないでしょうか。こうした事態を回避するため、当社では、サーモグラフィーを使用した 新しい雨漏り調査を採り入れています。

サーモグラフィー調査とは

温度を持つ物体から放射される赤外線をサーモグラフィーカメラで識別し雨漏り個所を調査します。雨漏り部分は雨水が浸入している為、温度が低くなり、雨漏り個所が熱画像を通して一目で確認出来る為、施主様にもご安心して頂ける調査法です。

建物を傷つけずに調査が可能です

赤外線による調査では、建物の表面温度をサーモグラフィーで測定することで、雨漏り部分やひび割れ、浮きや剥離などを推定することができます。画像によって診断が可能になるため、建物を壊さず、調査時間も短縮できます。また、補修前に原因や補修範囲、方法、修繕にかかる費用などの目安を知ることも可能です。今までの調査方法に比べ、安全・低コスト・確実な診断が行えます。

雨漏りかな?と思ったら、相談はお早めに 経験豊富なスタッフが確実な雨漏り診断を行います